お知らせとご案内

『英和塾』はこんな塾!

うちの子ほんまに勉強せえへんわあ〜
つて、本気で心配になってきたあなたへ!
そろそろマジで勉強せなあかんわあ〜
つて、本気で心配になってきたあなたへ!
『勉強する力』以前に大切な
『教わる力』を学ぶ塾
他塾ではできないほど勉強します! 英和塾開校
本気で自分を鍛えたい小学4年生から中学3年生のための高校受験専門進学塾 もっと勉強しよう! 英和塾は小さな塾ですが『本気になったあなたの力になりたい!』

『英和塾』からのお知らせ

◎ なぜ塾に行かないといけないのか?!知れば得する受験事情!

@ 受験では競争する相手が違う!

友だちより中学校では成績がいいから、他の子が塾に行かないから・・・そこに意味はありません。高校受験では偏差値が55以上の中堅や上位の学校に合格しようとするならば競争相手は中学受験を経験した私立中学校や中高一貫の生徒たちと戦わなければなりません。また、公立の中学校に通っている生徒と比べてもカリキュラム自体が明らかに差があるので同じ土俵自体に立てないという現実があります。

【中学校・高等学校のおおまかなカリキュラム】

  公立中学校・高等学校 私立中学校・高等学校
中学1年生 中学1年生の単元 中学1〜3年生の単元
中学2年生 中学2年生の単元 中学1〜3年生の単元
中学3年生 中学3年生の単元 受験対策や高1の単元
高校1年生 高校1年生の単元 高校2年生の単元
高校2年生 高校2年生の単元 高校3年生の単元
高校3年生 高校3年生の単元 受験対策

A 受験では私立高校は出題範囲が公立高校と違う!

上記でも説明したように私立高校の入試問題は出題範囲が上位校になればなるほど違ってきます。また、その私立高校特有のくせもあるのでしっかり対策しないと入試ではまったく歯が立たないという状況も生まれます。

↓

高校受験やその先の大学受験のことを考えても、
公立中学校に通う生徒は学校の勉強だけをしていては不利です。
このような格差を教育格差にさせないためにも
『英和塾』では、同じ中学校に通う生徒よりもしっかりと勉強させます。

『英和塾』からのご案内

英和塾 小学部(小学4年生〜小学6年生)

小学部では、まずはしっかりした学習習慣と自学自習の習慣を身につけさせます。小学生は算数と国語の2科目が必修となります。(英語は小学6年生から選択)1クラス10名までの少人数定員制のクラス授業(集団授業)できめ細やかなご指導をおこない、中学校進学にむけて万全の準備を整えます。

「小学生から中学校の準備なんて、早すぎるのでは…?」と考えられる保護者の方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。しっかりとした学習習慣を身につけるには、子どもたちの自我が強くなる前の柔軟性のある小学生のころがベストです。小学生のうちから「毎日これくらいは勉強するという学習習慣」や「ノートのとり方や授業の受け方」などをしっかりご指導します。

小学4年生【算数・国語の2科目が必修受講】

高学年の入り口に立つ小学4年生は、学習内容の難易度があがり、重要な単元が増加します。この学年でのつまずきは、今後の勉強の得意・不得意に大きく影響をおよぼすのです。また、人格が形成されていく初期段階になり、徐々に芽生え始める自主性を尊重しながら、学習習慣を定着させます。

【必修科目】
国語 塾のオリジナルテキストを使用し、さまざまな文章にしっかり触れながら国語力を養成します。また、小学部では毎回当該学年の漢字を学習し、文章題では国語辞典を使用し意味調べをしっかりおこなうことで語彙力を増やします。
算数 基本的に通学されている小学校の進度を生徒にヒアリングし、基本的には塾のオリジナルテキストを使用した先取り学習をおこないます。(※授業の進捗状況により、後追いになる場合もあります)まずは計算力とさまざまなパターンの文章題に対応できる力を養い、最終的には「誰かに解かされる算数」から「自分で解く算数」を目指します。
小学5年生【算数・国語・英語の3科目が必修受講】

小学6年間の中でも多くの重要単元を学習する学年です。中学・高校への学習内容の基礎的な分野学習内容の難易度があがり、重要な単元が増加します。この学年でのつまずきは、今後の勉強の得意・不得意に大きく影響をおよぼすので学習の土台作りをしっかり指導します。

【必修科目】
国語 塾のオリジナルテキストを使用し、さまざまな文章にしっかり触れながら国語力を養成します。また、小学部では毎回当該学年の漢字を学習し、文章題では国語辞典を使用し意味調べをしっかりおこなうことで語彙力を増やします。全教科の基礎となる国語力の向上を目指します。
算数 基本的に通学されている小学校の進度を生徒にヒアリングし、基本的には塾のオリジナルテキストを使用した先取り学習をおこないます。(※授業の進捗状況により、後追いになる場合もあります)少数と分数の計算問題をたくさん解いて、基礎計算力の養成を目指します。図形分野や文章問題も反復学習の徹底をはかり、思考力や立式する力を養成します。
英語 塾のオリジナルテキストを使用し、アルファベットからフォニックスの発音、単語の知識、英文法のしくみを中学英語の内容を先取りで学習していきます。きっちりとした単語のつづりをかけるように指導します。
小学6年生【算数・国語・英語の3科目が必修受講】

小学校の最高学年である小学6年生は、中学生になるための基礎づくりをするための大切な学年です。6年間の総まとめの学年であると同時に中学校への橋渡しをおこなう準備学年として基本的な学習内容の確実な理解と定着をはかるために指導をします。

【必修科目】
国語 塾のオリジナルテキストを使用し、さまざまな文章にしっかり触れながら国語力を養成します。また、小学部では毎回当該学年の漢字を学習し、文章題では国語辞典を使用し意味調べをしっかりおこなうことで語彙力を増やします。中学国語に備えて、より多くの文章に接することで読解力と文章記述力を指導します。また、古文の学習もおこないます。
算数 基本的に通学されている小学校の進度を生徒にヒアリングし、基本的には塾のオリジナルテキストを使用した先取り学習をおこないます。(※授業の進捗状況により、後追いになる場合もあります。)また、中学数学へのスムーズな移行をおこなうために計算力の養成と図形分野の土台の基礎固めをおこないます。
英語 塾のオリジナルテキストを使用し、フォニックスの発音から単語の知識、英文法のしくみを中学英語の内容を先取りで学習していきます。最終的に中学1年生の『動詞の過去形』までの文法の知識の獲得を目指します。
2018年度 小学部 時間割
学年 クラス 曜日 科目 通塾日数/週 授業時間
小学4年生 進学 水曜日 国語 4:25 〜 5:25 1科目60分
水曜日 算数 5:30 〜 6:30 1科目60分
小学5年生 進学 火曜日 国語 5:00 〜 6:00 1科目60分
英語 6:05 〜 6:35 1科目30分
金曜日 算数 5:00 〜 6:00 1科目60分
英語 6:05 〜 6:35 1科目30分
小学6年生 進学 月曜日 国語 5:00 〜 6:10 1科目70分
英語 6:15 〜 6:45 1科目30分
木曜日 算数 5:00 〜 6:10 1科目70分
英語 6:15 〜 6:45 1科目30分

※ 授業の「曜日」と「時間帯」は変更になる場合があります。

中1準備講座(小学6年生・必修科目)

『英和塾』では小学6年生が中学1年生の進級する年明けの1月から通常授業とは別日程で『中1準備講座』を「無料」で実施します。科目は国語・数学・英語の3科目で主に中学1年生の定期試験の学習内容をしっかり指導し、中学1年生からのスタートダッシュ!を確実にします。

英和塾 中学部(中1・中2・中3)

中学部では1クラス12名までの少人数定員制のクラス授業(集団授業)をおこなっております。また、通塾していただける中学校を近隣の巽中学校・新生野中学校・東生野中学校・大池中学校に限定することで普段からなるべく通学している中学校の進度に合わせた授業をおこないます。教材は5科目すべて塾生から学校の進度や授業内容を詳細に調べ上げ、それに応用・発展的な内容も盛り込んだ英和塾の講師が作成するオリジナル教材でおこないます。また、中学生はバランスのとれた総合的な学力を養成するため5科目必修になります。

2018年度 中学1年生 時間割 … [週2日の通塾・土曜日は軽食が必要]
学年 クラス 曜日 科目 時間 授業時間
中学1年生 進学 月曜日 数学 7:20 〜 10:05 160分
理科
土曜日 国語 3:00 〜 5:45 160分
英語
土曜日 社会 6:00 〜 7:10 70分
2018年度 中学2年生 時間割 … [週3日の通塾]
学年 クラス 曜日 科目 時間 授業時間
中学2年生 進学 火曜日 国語 7:20 〜 10:05 160分
英語
木曜日 数学 7:20 〜 10:05 160分
理科
土曜日 社会 7:20 〜 8:40 80分
2018年度 中学3年生 時間割 … [週3日の通塾]
学年 クラス 曜日 科目 時間 授業時間
中学3年生 進学 水曜日 国語 7:20 〜 10:05 160分
英語
金曜日 数学 7:20 〜 10:05 160分
理科
土曜日 社会 8:50 〜 10:20 90分

※ 授業の「曜日」と「時間帯」は変更になる場合があります。

『英和塾』は大阪市塾代助成事業の登録塾です。
詳細は当塾、または大阪市の塾代助成事業のホームページをご参照ください。

月額1万円まで利用できる「塾代助成カード」を取り扱っています!

授業料、時間割の詳細につきましては、当ホームページのお問い合わせから「資料請求(無料)を希望」していただくか、個別説明会でお話しさせていただきます。『英和塾』では、実際にご対面させていただいてお話する機会を大切にしております。お気軽にお問い合わせください。

また、お問い合わせいただいた方に、他塾がおこなっているような強引は勧誘や営業は一切おこなっておりませんのでご安心ください。

ページ先頭へ